ウィークタイは、元ひきこもりなどの不安や孤独に陥りがちな人々の当事者団体です。居場所づくりや自助会、共助会などを行っています。

行事予定

行事のお問い合わせは、こちらのページよりご連絡ください。
会員の発案等により随時追加されていくことがあります。
 過去の活動につきましては、こちらをご覧ください。

5月に開催した「居場所を考える居場所」の記録はコチラ
8月8日に開催の臨時総会の資料はコチラ

グーグルカレンダーの利用を本格的に再開しました。

■もぐもぐ集会
日時:2018年10月7日(日) 14:00―20:00
場所:大阪府豊中市 千里公民館 (googlemap)
内容:週末の夕飯時は鬱や不安、孤独が忍び寄る時間です。
 同じような感覚を持っている当事者同士で一緒にごはんを作って、一緒に食べます。
 参加資格は元ひきこもりを中心に、今生きづらい感じがしている方です。
メニュー:未定です。案を募集しています。

諸注意
 ①豊中市千里公民館との共催です。行政関係者等の当事者以外の方が若干名参加されます。(ウィークタイの活動理念に理解を示して下さっている方です)
 ② 定員12名(多少増枠する可能性あり)で、前日までの参加申込制です。
  お問い合わせフォーム、または千里公民館へのお電話(06-6833-8090)でお申込み下さい。
 ③当日に食材費(参加費)として500円を頂いております。

■だらだら集会&ピアサポートミーティング
日時:2018年10月13日(土) 10:00―21:00
場所:大阪府豊中市 庄内公民館和室①② (googlemap)
内容:だらだら集会とは、終日解放しているだけの和室です。みなさま思い思いにお過ごしください。
 参加資格は元ひきこもりを中心に、今生きづらい感じがしている方です。当日好きな時間、空いている時間に適当にお越しください。参加費無料
(昨年度収入が少なく、助成金をいただいているものの経費の半分が上限と、継続運営に不安を抱えています。今年度よりカンパ箱を設置しますので、ご協力いただける方がおられましたら、小さな額でもかまいませんので、どうぞよろしくお願いいたします。)

※本事業は、2018年度豊中市「とよなか夢基金」、大阪府人権協会「人権NPO協働助成金」による助成事業です。

 また当日は隣の和室で「ピアサポートミーティング」という名前で様々な企画を行っています。(※時間が変更になる場合があります。)
16:00-17:00 竹内佑一さん(PSIカウンセリング)のワークショップ
17:30-18:30 経験を語る会(生きづらさの自助会)

■いろいろ集会  「マンガ・ダイアローグ・プロジェクト④」
日時:(☆暫定です☆)2018年10月28日(日) 14:00―16:30
場所:大阪府豊中市 文化芸術センター (googlemap)
内容:いろいろ集会はウィークタイの外部から様々な「場づくり」の実践者を招待し、より多様な実践を豊中市内において展開してみる企画です。
「マンガ・ダイアローグ・プロジェクト」は、ご自身も生きづらさを抱えた当事者でありながら、若者支援の実践現場に立たれている足達龍彦さんがコーディネーターを務めます。   
 マンガ作品を媒介に参加者同士の対話をつなぎ、自己について考え、理解を深めるというコンセプトとのことです。人生について考えたくても、いきなりさあ「人生について語って」とか、「あなたのやりたいことは何なの」などと言われて、それを整理して話せる人ばかりではありません。ひとつのマンガ作品をシェアしながら、対話を通じて、人生や生きる意味について考えてみませんか。(こちらから何か「答え」を提示したり、あるいは参加者が「答え」を手に入れることを保証する会ではありません。)
参加費:300円

テーマ図書は9月23日のマンガダイアローグプロジェクトにて決定します。

■堺市ひきこもり当事者会
日時:2018年10月29日(月) 15:00―19:00 
場所:堺市地域活動支援センターぜるこば(相談ルーム) (googlemap)
内容: 毎回少人数での会話が中心となっています。参加費無料です。
今年度より「ぜるこば」が移転することとなり、それに伴い場所が変更となります。住所は堺市堺区向陵中町4-5-27 中谷ビル203号室 です。今年度は毎月最後の月曜日に開催する予定で調整中です(祝日の際はその手前の週)。

■もぐもぐ集会
日時:2018年11月3日(土祝) 14:00―20:00 ※今月は土曜日です※
場所:大阪府豊中市 千里公民館 (googlemap)
内容:週末の夕飯時は鬱や不安、孤独が忍び寄る時間です。
 同じような感覚を持っている当事者同士で一緒にごはんを作って、一緒に食べます。
 参加資格は元ひきこもりを中心に、今生きづらい感じがしている方です。
メニュー:未定です。案を募集しています。

諸注意
 ①豊中市千里公民館との共催です。行政関係者等の当事者以外の方が若干名参加されます。(ウィークタイの活動理念に理解を示して下さっている方です)
 ② 定員12名(多少増枠する可能性あり)で、前日までの参加申込制です。
  お問い合わせフォーム、または千里公民館へのお電話(06-6833-8090)でお申込み下さい。
 ③当日に食材費(参加費)として500円を頂いております。

■ナラティヴコミュニティを、まなぶ。
日時:2018年11月4日(日) 13:30―19:30
場所:大阪府豊中市 千里公民館 (googlemap)
内容:— 対話でつながる活動の意見交換会 —
「ナラティヴ・コミュニティ」とは、メンバー同士が語り合うことで成り立つ 共同体のことです。普段の生活とは異なる場で、普段とは違うメンバーたちと 対話することで、今まで気づくことのなかった新しい自分に出会い、時に回復 や学び、成長へとつながることがあります。そうした共同体では、対話を深め るためにどのような工夫がなされているのでしょうか。自助グループや当事者 研究、哲学カフェなどの様々な形態、年代を超えて、団体同士でそのノウハウ を意見交換します。

参加費:無料
申し込みは不要です(直接会場にお越しください)。
共催:対話でつながる活動の意見交換会実行委員会、豊中市、市民団体Re-Design For Men

プログラム
 13:30 開場
 14:00 開会の挨拶
 14:10 第1部 各団体紹介
 15:55 休憩
 16:10 第2部 意見交換会
 17:40 質疑応答
 18:10 立命館大学 人間科学研究科教授
     中村 正 先生からのコメント
 18:20 閉会の挨拶
 18:30 ボチボチ交流の時間
 19:30 完全撤収

詳しくは FBページ  をご確認ください。

■だらだら集会&ピアサポートミーティング
日時:2018年11月10日(土) 10:00―21:00
場所:大阪府豊中市 庄内公民館和室①② (googlemap)
内容:だらだら集会とは、終日解放しているだけの和室です。みなさま思い思いにお過ごしください。
 参加資格は元ひきこもりを中心に、今生きづらい感じがしている方です。当日好きな時間、空いている時間に適当にお越しください。参加費無料
(昨年度収入が少なく、助成金をいただいているものの経費の半分が上限と、継続運営に不安を抱えています。今年度よりカンパ箱を設置しますので、ご協力いただける方がおられましたら、小さな額でもかまいませんので、どうぞよろしくお願いいたします。)

※本事業は、2018年度豊中市「とよなか夢基金」、大阪府人権協会「人権NPO協働助成金」による助成事業です。

 また当日は隣の和室で「ピアサポートミーティング」という名前で様々な企画を行っています。(※時間が変更になる場合があります。)
16:00-17:00 経験を語る会(生きづらさの自助会)
  ※本会は代表の泉翔が欠席の予定です。武久と内田で担当させていただきます。
17:30-18:30 足達龍彦さんのワークショップ
  ※変更※「演じることで、コミュニケーションを遊ぶ場づくり」を予定)

■居場所の担い手講座
日時:2018年11月11日(日) 
場所:大阪府豊中市 とよなかリレーションハウス (googlemap)
内容:委細決まり次第追記予定です。
※本事業は、2018年度豊中市「とよなか夢基金」、大阪府人権協会「人権NPO協働助成金」、大阪帝塚山ロータリークラブ「社会奉仕基金助成金」による助成事業です。

■だらだら音楽集会@プラネタリウム跡地
日時:2018年11月18日(日) 13:00~20:00 
場所: 豊中市立青年の家いぶき (googlemap)
内容:豊中市立青年の家いぶきの3階には、今は使われなくなったプラネタリウムの施設がそのままに残っています。現在この場所にドラムセットやアンプ・スピーカーなどが置かれていて、登録団体が音楽スタジオとして利用することが可能になっています。
今回ここをお借りして、だらだらと楽器演奏などをやります。
 参加費は無料です。ご希望の方は事前にお問い合わせフォームでお申込み下さい。

諸注意
 ①楽器演奏ができなくても参加申込み出来ます。
 ②セッションしたい方は自分のやりたい曲の楽譜(コード譜)を持ってきていただけると、良いかもしれません。
 ③ゆるゆる、だらだらです。
④演奏したい、歌いたい曲として候補に挙がった楽曲につきまして、KHさんがコード譜等を作って下さいました。ご参加希望の方には限定共有リンクをお伝えさせて頂いております。

■生きづらさサポートカフェ
日時:2018年11月23日(金) 11:00~18:00 
場所:大阪府豊中市 国際交流協会 調理室等 (googlemap)
内容:人間関係がちょっぴりしんどかったり、うまい具合に世の中とやっていくことができない方など… 生きづらい人のためのイベントです。
 誰もがありのままの自分らしく、いきいきとその人らしく居られる居場所、生きづらさサポートカフェへようこそ(*^^*)
 究極の美味しいカレーを作って、みんなで食べたりお酒を呑んだりする「ゆるぺちゃ交流会」と、自己肯定感を高めるワークショップ「ほめられ対話」で、生きづらさから少しだけ距離を置ける時間を過ごしたいお客様をお待ちしています♪
 ちょっと肩の力を抜いて、一緒にほっこりしてみませんか?


【日 時】11月23日(金・祝)11:00~18:00
     第一部 ゆるぺちゃ交流会 11:00~15:00
     片付け・休憩 15:00~16:00
     第二部 ほめられ対話 16:00~18:00

【参加費】500円
【定 員】30名(先着順)
【対象者】どなたでも
【一時保育】・対象 1歳~小学3年生まで
      ・ー時保育料 こどもひとりにつき756円(税込)
      ・締切 11月10日(土)までにご連絡下さい。
【申し込み】食材準備の都合、ご参加希望の方はお問合せフォームより前日までにご連絡ください。

※本イベントは「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会が主催、NPO法人ウィークタイが共催して実施する2018年度すてっぷ若い世代支援事業助成金事業によるものです。 https://www.facebook.com/events/2105294769789197/

■いろいろ集会 「谷 諒次と同じ空間で「何もしない」をしたりボーッと過ごしたりお喋りをする会」
日時:2018年11月24日(土) 14:00―16:30
場所:大阪府豊中市 とよなかリレーションハウス (googlemap)
内容:「いろいろ集会」はウィークタイの外部から様々な「場づくり」の実践者を招待し、より多様な実践を豊中市内において展開してみる企画です。 この会ではコーディネーターに、生きづらさの当事者で現在ピアサポーターとしても活躍中の”ひきこもり経験者タレント”谷諒次さんに企画をしていただきます。
コンセプト
 普段家で一人でいるとき、人と関わる機会のないときに感じる、「人と話すのは億劫だけど、孤独なのはイヤだ。一緒に何かするわけじゃないけど、誰かと一緒にいたい」という気持ち。何もしていなくても存在を承認されている安心感を得たい気持ち。ネットで繋がるのではなく現実世界の同じ空間にいることで叶えたい…そういう空間づくり。
参加費:100円

※本事業は、2018年度豊中市「とよなか夢基金」、大阪府人権協会「人権NPO協働助成金」、大阪帝塚山ロータリークラブ「社会奉仕基金助成金」による助成事業です。

■(登壇)自分らしい生き方シンポジウムin関西
日時:2018年11月25日(日) 14:00―16:30
場所:大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)(googlemap)
内容:NPO法人K H J全国ひきこもり家族会連合会が主催するイベントです。代表理事の泉翔が登壇予定です。
委細は イベントページ 、または 公式ウェブサイト をご覧ください。

■もぐもぐ集会
日時:2018年12月2日(日) 14:00―20:00 ※今月は土曜日です※
場所:大阪府豊中市 千里公民館 (googlemap)
内容:週末の夕飯時は鬱や不安、孤独が忍び寄る時間です。
 同じような感覚を持っている当事者同士で一緒にごはんを作って、一緒に食べます。
 参加資格は元ひきこもりを中心に、今生きづらい感じがしている方です。
メニュー:未定です。案を募集しています。

諸注意
 ①豊中市千里公民館との共催です。行政関係者等の当事者以外の方が若干名参加されます。(ウィークタイの活動理念に理解を示して下さっている方です)
 ② 定員12名(多少増枠する可能性あり)で、前日までの参加申込制です。
  お問い合わせフォーム、または千里公民館へのお電話(06-6833-8090)でお申込み下さい。
 ③当日に食材費(参加費)として500円を頂いております。

■(語り手)支援者のためのヒトトコ研修
日時:2018年12月7日(金)
場所:一般社団法人hito.toco (高知県高松市瓦町1-9-6 エマールビル3階)
内容:hito.tocoさんの実施する5ヶ月連続の研修です。泉翔が語り手として参加させていただきます。 募集は満了しておりますが、詳しくは FBページ  をご確認ください。

■ひきこもり・コネクト
日時:2018年12月9日(日) 11:00―17:00
場所:大阪府豊中市 千里公民館 (googlemap)
内容:人間の価値って何でしょうか?「生産性」の高さや「社会貢献」 の程度でしょうか?…答えはありません。いろいろな人間が居て、 それぞれに考えることもいろいろだからです。  でも、どんな人であっても、生きていい。 自分らしく生き、幸せを求める権利が、全ての人にあります。
 「ひきこもり」や「生きづらさ」から、いろいろなことを共に学び合いませんか?――少し幸せな明日のために。

参加費:500円(資料代として)
チラシPDF


基調講演① 11:10―12:30
「 家族として”当事者に向き合う”とは何か? 」
講師:高垣忠一郎 (立命館大学名誉教授、心理臨床家)

基調講演② 13:10―14:10
「 “ピア”という観点から、”当事者に向き合う”とは何か? 」
講師:割田大悟 (ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜代表)

シンポジウム 14:20―16:00
「 生産性の無い“ひきこもり“に人権はあるのか 」
ゲスト:池上正樹 (ジャーナリスト)、ぼそっと池井多(ひきこもり当事者、VOSOT主宰)
シンポジスト:割田大吾、武久真大(NPO法人ウィークタイ、前職災害復興支援NPO)、神田桂子(NPO法人ウィークタイ、精神保健福祉士)
進行:泉翔(NPO法人ウィークタイ)

質疑&交流タイム 16:00―16:50

「ひきこもり」を「いかに生産性のある状態に回復させるか」という固まった考え方の中では、「その人が生き ていることを肯定し、尊厳を大切にする」という考えは、隅に追いやられてしまいがちです。 しかし、あらゆることの前提として、「生産性」の有無に関わらず、全ての人は生きていいし、全ての 人は幸せを求めていいのです。また、私たち「ひきこもり」経験者は、このような考えに基づく実践こそ が、「回復」への最も近い道だと知っています。…でも、どうでしょうか。知っていても、分かっていて さえも、いまだ社会から「ひきこもり」の問題は無くなりません。…どうしたらいいのでしょうか? 私たちと一緒に考えませんか。 その先に、少しだけ明るい明日が見えるかもしれません。

【こんな方々へ】
・子どもがひきこもっている。 どう接したらいいのだろう。 腫物をさわるようにしか向 き合えない… そんな親へ
・どうしてひきこもるの? …知りたい方へ
・働きもせず家にずっとい る息子を腹立たしく思う。 叱りつけても聞かない。 どうにかしてほしい… そんな親へ
・支援をする中で、ひきこ もり本人の意志をどれだ け尊重したらいいのかが わからない… そんな支援者へ
・生きている事の意味が わからない。死にたい。 …そんな当事者へ

※本事業は、2018年度豊中市「とよなか夢基金」、大阪府人権協会「人権NPO協働助成金」、大阪帝塚山ロータリークラブ「社会奉仕基金助成金」による助成事業です。

※以下の行政・団体より後援を受けています。 豊中市、NPO法人グローバル・シップスこうべ、NPO法人レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク、一般社団法人hito.toco、KHJ青森県支部青森さくらの会、ひきこもりプレイス多摩、ヒューマン・スタジオ、「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会


 過去の活動につきましては、こちらをご覧ください。

募集

NEW■広報ボランティアスタッフ
ホームページの作成やイベント当日の写真撮影、フェイスブック等への活動報告の投稿等を行う広報スタッフを募集しています。
賃金や交通費をお支払することはできませんが、最初に文章の書き方や写真の取り方等の基礎的なスキルや知識等の研修をさせて頂きます。
お一人である程度のことができるようになった方には、NPO法人ウィークタイ広報スタッフとしての肩書(名刺等)と、広報活動に際しての若干の交通費補助をさせていただきます。
興味のある方にはぜひこちらのフォームよりご連絡ください。

■法人運営等に関わっていただける当事者
NPO法人ウィークタイは、元ひきこもりを中心とした、孤独や不安を抱える人たちの集まりです。
大阪とその近郊で、そのような人たちが集まる自助会や交流会を行っています。

現在イベントの運営に関わることが出来る人が少なく、地方でのミーティング開催の頻度等が減っております。
このような活動に興味がある方で、ご自身の可能な範囲でご協力いただける方を募集しています。
ぜひこちらのフォームよりご連絡ください。

■「場づくり」を考えている方への助成金「おいなり基金」
2018年度内において開催をする「場づくり」においての経費(上限3000円程度)を助成します。また必要に応じてNPO法人ウィークタイが開催までの具体的な運びや、当日運営、広報等を、サポートさせて頂きます。
つきましては、①氏名、②メールアドレス、③やろうとしていること、④NPO法人ウィークタイに希望すること(主催、共催、協力、後援等の関係や、当日のマンパワー、事前相談、広報etc無しでも可) のみ、お送りください。それだけで結構です。
お問い合わせや応募はフォームをご利用ください。
こちらで実現可能性や公益性を見て選考の上、3月末までに結果をお知らせします。なお採択された方には追加で、振込先口座等の個人情報をお伺いさせていただきます。


更新情報・お知らせ

行事予定、過去の行事予定を更新しました。NEW
募集、支援のお願いを更新しました。NEW

↑ PAGE TOP