ウィークタイ|取り組み

ウィークタイは、元ひきこもりなどの不安や孤独に陥りがちな人々の当事者団体です。居場所づくりや自助会、共助会などを行っています。

当事者会(だらだら集会)

 貸し会議室や公民館、大学などの施設を借りて、「だらだら集会」や「ひきこもり当事者会」として開放しています。何をやるでもなく、ただ生きづらさを抱えた当事者が何となしに来れるように場所を開放しています。各実施場所によって内容に差があります。毎月3回程度開催しています。
 詳しくは 行事予定 や、 過去の行事 をご覧ください。

ピアサポートミーティング

 利用相談や当事者同士の自助会、専門家を招いての勉強会、または読書会やボードゲーム会など、何らかのイベントプログラムの総称です。大体は事前に具体的スケジュールが組まれ公開されますが、当日の空き時間に当日の参加者が随時プログラムを組み入れたりもしています。
 詳しくは 行事予定 や、 過去の行事 をご覧ください。

もぐもぐ集会

 週末の夕飯時は鬱や不安、孤独が忍び寄る時間です。 同じような感覚を持っている当事者同士で一緒にごはんを作って、一緒に食べる会です。 現在豊中市との協働事業として、千里コラボ(千里公民館)で毎月1回開催しています。
 詳しくは 行事予定 や、 過去の行事 をご覧ください。

相談(訪問相談等)

 当初は会員サービスとして行っておりましたが、非会員や保護者からの相談が増えている状況に対応するため、対象を絞らず行っています。  当団体が選任している専門性を有するピアサポーターや支援員が、依頼に応じて随時メール・電話・面談で相談の対応をしています。スタッフには様々な有資格者や経験者がおりますが、こちらで相談内容に相応しい方を選任しますので、基本的には個人を指名していただくことはできません。
 一度の相談のみでは直面する課題そのものを直接解決することは困難ですが、専門性を有する当事者や経験者だからこそできるアドバイスや傾聴、情報提供、カウンセリングを特徴としています。
 ご依頼は、まずは お問い合わせフォーム よりお願いいたします。


電話・面談による相談
1時間(1名)(基本) : 5,000円(税込)
※訪問の場合、別途交通費を頂きます。
※電話はこちらからかけさせて頂きます(電話料金は不要です)。
※家族関係の改善が必要な場合等、複数人によるグループ面談を提案させて頂くことがあります。
※2018年度も引き続き、初回を無料で行っています。事前のお問い合わせの中で委細ご確認ください。

メールによる相談
1往復のやり取り : 2,000円
※メール相談に至る前のメールでのコンタクトや事前の聞き取りは含みません(無料です)。

専門性が高いピアサポートを提供していますが、料金は割安です。これは当団体が独自に掲げたひきこもり支援活動理念に基づき、同様の困難を抱えた当事者を救うことをミッションとして活動しているからです。このような活動を支えるスタッフの確保・育成のためにも、理念に賛同して頂ける方にはどうか 寄付 によるご協力をお願いいたします。

※なお緊急性の高い相談に関しては、公的機関を含む他機関との連携や紹介で対応することがあります。
※取り扱う全ての個人情報は、当団体の定めたプライバシーポリシーに従い、厳重に管理しています。   

共助会

 ウィークタイでは前身となる任意団体の時から、会員間での多岐にわたる共助活動を行っています。中身を見てみると、いわゆる外出支援、訪問相談支援といったものが含まれているのですが、私たち自身は「支援」という表現で共助活動を行う事はほとんどありません。それは私たちが支援・被支援の関係性から距離を置いた当事者団体であるからです。プロの支援者はこれらの支援サービスを金銭の授受によって行うため、支援者と被支援者が明確に区分されますが、私たちの関係性はフラットです。例えば私たちの共助ネットワーク上(インターネットの連絡ツール)では、買い物に行く、あるいは映画を見に行くなどの誘い合わせがしばしばあります。これらのことを支援者は「外出支援」と呼んでいますが、私たちの誰一人そうは感じていません。「一人ではできないことを共に支えあって行う」、「一人よりみんなでやる方が楽しいことをやる」、それがコンセプトです。
 2015年になってからは物件内見の付添い、引っ越しの手伝い、遠方からの自助会参加者への宿泊場所の提供、不定期的な飲み会なども行っています。
 2016年からは旅行等のアクティビティもこの枠組みで行っています。また会員だけでなく、非会員にもオープンにしていく方向になりました。
 関心のある方はフォームよりお問い合わせください。

講演・講師

 主に代表理事の泉翔が対応していますが、テーマに合わせた人選が可能です。お受けできるテーマは、NPO法人ウィークタイの活動紹介や、家族や支援者に対する若者支援の実践及び人権研修、また当事者・経験者の立場からの講演等です。委細はご相談ください。過去には

2018年3月14日
 高知県ひきこもり地域支援センターつどい(主催:高知県)
2018年3月3日
 教育相談おおさか・社会的ひきこもり家族交流会
2018年2月24日
 吹田市ひきこもり家族会(主催:吹田市)
2018年1月27日
 吹田市一般向け公開講座「子ども・若者支援講座」
2017年12月2日
 「ひきこもりへの理解」講演会(主催:NPO法人ニュートラル)
2017年11月6日
 大阪府社会福祉協議会 施設階層別研修における人権研修
2017年10月28日(土)―29日
 KHJ全国ひきこもり家族会連合会・実践交流研修会
2017年9月14日
 『若者支援のこれまでとこれから』勉強会(主催:「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会)
2017年9月7日
 伊丹市こども福祉部会研修会(主催:伊丹市)
2017年8月18日―20日
 教育のつどい 教育研究全国集会2017(主催:全日本教職員組合)
2017年6月30日
 ちゃぶだい集会(主催:NPO法人豊中ESDネットワーク)
2017年4月22日
 八尾市生涯学習センター「学びと語りの会」(主催:八尾市生涯学習センター)
2017年3月25日
 教育シンポジウム「不登校・引きこもり経験した若者とガチで語り合う家庭・学校・社会」(主催:なら民研)
2017年3月11日
 千里文化センターフォーラム「支え合いの未来を紡ぐ」(主催:千里地域連携センター)
2017年2月25日―26日
 若者当事者全国集会(主催:豊中市等)
2017年1月28日
 滋賀県若者サミット(主催:滋賀県)
2017年1月12日
 吹田市一般向け公開講座「子ども・若者支援講座」(主催:吹田市)
2016年12月18日
 NPO法人KHJ香川県オリーブの会 第174回月例会
2016年12月1日
 奈良教育大学「教育人権アプローチ演習」(生田周二教授)
2016年10月30日
 『それぞれの経験的知識がつなぐひきこもりピアサポート』(主催:NPO法人レターポストフレンド相談ネットワーク)
2016年9月11日
 『これからの連携のカタチ~ひきこもり・若者支援マップが描く未来~』(主催:「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会)
2016年8月11日
 「神戸市ひきこもりサポーター養成講座」(主催:NPO法人神戸オレンジの会)
2016年5月10日
 『一般講座「若者と支援の現在」』(主催:NPO法人京都自由大学)
2016年4月23日
 『若者現代文化フォーラム』(主催:NPO法人わかもの国際支援協会)
2016年3月11日 
 『むすぶ。つなぐ。広げる。当事者研究大会#1』
2016年2月27-28日 
 『第11回全国若者・ひきこもり協同実践交流会 in ふくしま』
2016年1月31日 
 『平成27年度ひきこもりサポーターフォローアップ研修』(主催:NPO法人KHJ香川県オリーブの会)
2015年11月19日 
 『僕らの居場所』(主催:「今日も私は生きてます。」編集部)
2015年11月7日 
 『伊丹市ひきこもり地域相談会』(主催:兵庫ひきこもり相談支援センター)
等をお受けさせて頂きました。
 ご依頼は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

↑ PAGE TOP